• トップ /
  • 知っておきたい葬儀のマナー

葬儀で知っておくべき言葉

知っておきたい葬儀のマナー

LINEで送る

注意をしたい葬儀の挨拶について

葬儀に臨むに場合に大切なものの1つにマナーがあります。中でも挨拶は、赴いた場合に最初に遺族にかける言葉であり、十分な配慮が必要となります。まず、通夜に駆けつけた場合の挨拶では、遺族に対してお悔やみの言葉をかけるようにします。この場合、長々と話し込むのは他から見ても見苦しいばかりかマナー違反となり、ここでは「この度はご愁傷様でした。心からお悔やみ申し上げます。」など、短い言葉でお悔やみを伝えることが大切です。葬儀においては、入口で世話人か葬儀委員長にお悔やみの言葉を述べ、遺族に出会った場合には黙礼をしますが、簡単にお悔やみを述べてもマナー違反とはなりません。ただし、この場合も静かな声で「このたびは、突然のことで、まことにご愁傷さまでした」という程度に話すことが大事になります。葬儀におけるお悔やみの挨拶では、ほぼ、決まった言葉が用いられますが、注意が必要なのは忌み言葉を使うことがあります。忌み言葉とは、不幸が続くことを連想させる言葉のことを指し、遺族への配慮から、絶対に使わないようにする必要があります。具体的なものとしては、「重ね重ね」「たびたび」「たまたま」「重々」「いよいよ」「再三」「ますます」「再び」などがあり、よく言葉を選んでから相手に伝えることが大切になります。

 

↑PAGE TOP