葬儀の準備をする

葬儀で着用する服装のマナー

LINEで送る

葬儀を慌てることなくするために

葬儀をする側に、なったときは時間が本当になく決定事項がたくさんあり迷うことやわからないことが多くでてきます。気持ちも、動揺している時期に時間だけが過ぎていくような気がします。そうならないために、自分のならどのような形式でしてほしいのか普段考えておくといいです。今はネット社会なので、簡単に探すことや調べることができます。残された家族のために、自分の葬儀を簡単でもいいので決めておき何かに残しておくと家族への愛になります。

 

葬儀のタイプが選べるのが嬉しい

最近は家族葬と言われる、家族とごく親しい芯族や友人のみで行う葬儀が人気になっていて、ご家族の万が一のときのために検討している方も多いと思いますが、できるだけ大規模な葬儀も家族葬もどちらもできる斎場を選ぶ方が選択肢が広がり、スタッフの方と話し合いながら決めることができるのでよいでしょう。また、あまり斎場を選んだ経験などない方が多いと思いますので、しっかりと口コミなどを調べて比較しておくことも大切です。

↑PAGE TOP