• トップ /
  • 葬儀のときの焼香のマナー

葬儀での焼香の基本

葬儀のときの焼香のマナー

LINEで送る

葬儀に参列するときのマナー

葬儀に参加する時にはいろんなマナーがあります。そのマナーを守ることが社会人にとっては大切です。まずは、服装です。基本的には黒の喪服がベストですが、お通夜のように当日に連絡が来て夜に参列する形ですと喪服の準備ができません。そのため、お通夜は喪服でなくてもダークな服でもOKです。お通夜、葬式で行う作法が焼香です。仏様に対してお香を焚いて拝みます。作法は基本的にはどこの宗派、宗教でも同じですが、宗教の流派により若干の違いがあります。最近では葬儀場の職員が説明をしてくれますが、マナーとして身につけておくことは大切です。焼香のやり方の基本としては、右手の親指、人差し指、中指で抹香をつかみ、額まで持ち上げます。願うようにして指をこすりながら香炉に抹香を落としていきます。このような行為を1~3回ほど行います。焼香が始まると、参列席の先頭から順番に香炉の前に並び、行います。最近の通夜、葬儀では立った状態で焼香を行います。自分の順番になるまで席で静かに待ち、順番に立ち上がり焼香台に向かいます。終わったら静かに席に戻ります。回数の違いを間違えても大きなマナー違反にはなりませんが、基本的にはご遺族の宗派に沿っておこないます。

 

↑PAGE TOP