• トップ /
  • 葬儀に持参する香典のマナー

葬儀での香典マナー

葬儀に持参する香典のマナー

LINEで送る

知っておきたい葬儀のマナー

葬儀に参列する際には香典に関するマナーを押さえておきたいものです。金額の相場は親戚で1万円から、親戚以外では5000円ほどとなっています。葬儀で香典を渡された遺族は通夜料理と香典返しの用意を考えます。金額があまり少ないと赤字になってしまうので、3000円以下の香典は控えるようにしましょう。金額に応じて、相応しい水引袋を使用します。5000円以下でしたら、水引が印刷された略式の袋で十分です。無地の水引袋ならどんな宗教であっても大丈夫ですが、蓮の模様は仏教、ユリはキリスト教ですので注意しましょう。表書きは一般に四十九日の法要前では「ご霊前」、それ以降では「ご仏前」とします。水引の上部に表書きを書き入れ、水引より下部に氏名を入れます。連名の場合は3名までとし、その他〇名、と書きます。会社の職場関係であれば「○○一同」のように書くとよいでしょう。葬儀の場合、いかにも準備していたように感じられることから、新札は避けるのがマナーです。新札しか準備できなかった場合は折り目を付けましょう。お札を入れた中袋を外包みで包む場合、必ず下から先に畳むようにします。香典は「ふくさ」に包んで持ち運び、「ご霊前にお供えください」と一言申し添えて渡すようにするのがマナーです。

 

↑PAGE TOP