• トップ /
  • 宗教別の葬儀のしきたり

葬儀の時の服装とは

葬儀で着用する服装のマナー

LINEで送る

葬儀を営む際に慌てないために

遺族として葬儀を営む機会は少なく、実際に遺族として営む際には、多くの方は慌ててしまいます。そして無事に終えた後に、費用を含めて色々と反省する事が多いものです。葬儀を営む際に、慌てず後悔しない為に、超高齢の家族が居られる方は、事前にいくつかの会館を見学し、イメージする式の見積もりをしてもらうと良いでしょう。参列人数にもよりますが、一般の会館と最近増えている家族葬専用の会館で見積もってもらう事がお勧めです。事前内覧と費用の見積もりをしておけば、後は会館の係の方の指示に従えばスムーズに営む事が可能です。

 

↑PAGE TOP