• トップ

葬儀での服装とマナー

葬儀で着用する服装のマナー

LINEで送る

葬儀の喪服には種類がある

葬儀を行ったり、または参列する場合は、服装のマナーにも気を付ける必要があります。基本的には喪服を着用することが礼儀とされていますが、その種類には、モーニングや和装といった「正式」の喪服と、ブラックスーツやブラックフォーマルなどの「略式」の喪服があり、立場によってどちらを着用するのかが変わってきます。まず「正式」の喪服は、遺族や親族が着用するものとされており、三親等までの親族が着用するのが一般的です。次に「略式」の喪服は、参列する側が着用する服装とされており、葬儀を行う側である遺族や親族よりも格が上にならないよう配慮するという意味があります。ですので、もし正式の喪服を持っていたとしても、自分が参列する側である場合は、略式の喪服を着用するのがマナーだと言えるでしょう。そして、「仮通夜」に駆けつける場合の服装については、急な知らせを受けて行かなければならない場合も多いため、喪服ではなく、地味な平服でも構わないとされています。しかし、通夜や葬儀・告別式に関しては、ブラックスーツなどの略式の喪服を着用するのが基本的なマナーになります。また最近では、喪服をレンタルすることも可能ですが、いざという時のためにフォーマルウェアを一着用意しておくのもよいでしょう。

 

↑PAGE TOP